4年目もよろしくお願いいたします(^0^)/

皆様、こんにちは・・・って、もう夜ですけどね(汗) いやー、急に気温が上がりましたねー。春を飛び越えて夏が来たような感じです(大汗)

↓周辺は一気に雪が解けました。これから本格的なシーズンに向け、施設整備をすすめます。


きのうは月に一度の業務報告のため上京しました。

↓駅で電車を待っているところ。夏のような日差しです。
DSCN5007.jpg

DSCN5010.jpg

↓いつものように街で情報収集?を。
DSCN5059.jpg

DSCN5064.jpg

↓東京は桜が満開かと思っていましたら、もうとっくに終わっていたんですね・・・(脂汗)
DSCN5066.jpg
↑・・・って、これ桜の木でしたっけ?

DSCN5069.jpg

業務報告会では、昨年度の総括報告と今年度の運営方針の確認などをしました。

↓帰りはちょっと用事があって寄り道を・・・。
DSCN5071.jpg

↓スペースの都合で、もう帰路です(汗だく)
DSCN5104.jpg
↑もうすぐ引退の「E351」スーパーあずさ。

DSCN5118.jpg

実はきょう4月19日は記念すべき日なんですよ。委託運営になって「新生・蓼科高原荘」がスタートしたのが3年前のきょうでした。つまり4年目に入るということです。3年間でお客様からいただいた数々の苦情やご意見を糧にして?、スタッフ一同奮闘してきました(脂汗) 最近はちょっとだけ、お褒めの言葉もいただけるようになりました。これからも全力投球でいきますので、どうぞよろしくお願い致します。まだまだ保養所の存在を知らない方も多いようです。PR活動にも力を入れていきます!

雪も解け、いい陽気になってきました。皆様お誘いあわせの上、ぜひ信州にお出かけください。スタッフ一同、お待ちしております!

スポンサーサイト

ぶらり旅 松本市をたずねました。④

皆様、こんにちは。「松本市をたずねる旅」は今回で完結です(汗)

前回は「四柱(よはしら)神社」をご紹介しました。↓こちらは「御幸橋(みゆきばし)」です。


明治天皇が信濃地方にはじめて御巡幸の際、松本の行在所(あんざいしょ、天皇がお出ましの時の仮の御殿)を四柱神社内に定めました。明治13年6月24日の午前中に竣工、午後に到着した明治天皇が、この橋を渡って行在所に入られました。

つづいて訪れたのはこちら、「縄手(なわて)通り」です。女鳥羽川(めとばがわ)の千歳橋から一つ橋までの通りです。その呼び名は松本城の南総堀(外堀)と女鳥羽川にはさまれた「縄のように細長い土手」というところから由来しているそうです。松本城建築の際に測量用の縄を張ったから・・・という説もあります(汗)
DSCN4960.jpg

DSCN4941.jpg

明治になって南総堀が埋め立てられ、「四柱神社」が建立されてからは、その参道として栄えました。戦後は闇市的なテントが川沿いに並び、たいそう賑わったそうですよ。

↓昭和47年には、よごれていた女鳥羽川をきれいにして、かつて生息していたといわれる「河鹿蛙(かじかがえる)」が再びもどるようにとの願いを込めて、「カエル大明神」が建立されました(大汗)
DSCN4945.jpg

DSCN4944.jpg

↓今ではすっかりシンボルとなった「カエル」です。
DSCN4949.jpg

DSCN4951.jpg

↓約50のお店が軒を連ねています。
DSCN4950.jpg

和風小物屋、陶器店、骨とう品店、ラーメン店、カフェ・・・いろいろなお店があり、たいへんにぎやかでした(^0^)/「松本城」や「旧開智学校」を見学したあとに立ち寄るのもおもしろいとおもいます!(スタッフ談)

さて当ブログは、本日なんと!開設3周年を迎えました。 ここまで続けられたのも、読者の皆様のあたたかいご支援の賜物です。本当にありがとうございます(涙)

これからも施設の話題やリアルタイムの周辺情報などを発信していきます。今後とも宜しくお願いいたします。(蓼科高原荘スタッフ一同)




ぶらり旅 松本市をたずねました。③

皆様、こんにちは。いやー、まる二週間もごぶさたしてしまい、誠に申し訳ございませんでした(汗)・・・新年度を迎えたら皆様に抱負をお伝えしよう・・・なんて、のんきに構えていましたら多くのお客様にご利用いただき、おかげさまで?更新する余裕がありませんでした・・・って、また苦しい言い訳・・・(冷汗) がんばって更新していきますので、どうかよろしくお願い致します(もう汗だく)

4月に入ってから、まさか!の降雪もありましたが、さすがにもう大丈夫?でしょう。

さて、蓼科高原荘スタッフの「松本市をたずねる旅」ですが・・・そうそう、おなかが空いたところで前回終わったんですよね。お昼は↓こちらのお店でいただきました(^0^)/


このお店、今回の旅の下調べをしていてガイドブックで見つけた「おきな堂」というお店なんですが、「時代遅れの洋食屋」というパンチのきいたサブネーム?がつくんですよ。スタッフも興味津々でたずねてみました。

DSCN4962.jpg

昭和8年に菓子店「翁堂」から独立したそうです。現在は3代目オーナーがお店を守ってます。

↓当日のおすすめメニュー。
DSCN4940.jpg

ホームページをのぞいてみると、そのポリシーは

身近で手に入る食材を使い
ひとつひとつの手間を怠ることなく
日本独自の文化である洋食本来の味を
お客様にお届けする

・・・というものです。

その昔は「旧制・松本高校」の学生でにぎわったそうですよ。

DSCN4957.jpg

洋食が専門の蓼科高原荘の料理長もうならせた味と雰囲気を、ぜひ皆様にもおすすめしたいです!!

「おきな堂」のホームページはこちら → おきな堂

・・・満足したところで「おきな堂」を出ておとずれたのがこちら、「四柱(よはしら)神社」です。

DSCN4961.jpg

DSCN4953.jpg

「商売繁盛」・「学業成就」・「家内安全」・「健康長寿」・・・と、すべての願い事がかなうという、なんともすごい神社です(汗)

DSCN4956.jpg

DSCN4955.jpg

このあとは、「縄手通り」を散策して帰路に就きます。



ぶらり旅 松本市をたずねました。②

皆様、こんにちは。「松本市をたずねる旅」、きょうはこちらからご案内します(^0^)/
注:写真と説明は3月28日現在のものです。

↓「旧開智学校」と同様、皆様よくご存じだと思います。「松本城」にやってきました。


「松本城」は、戦国時代の永正年間につくられた「深志城」がはじまり。天守は現存最古の五重六階の木造天守です。黒と白のコントラストが特徴的です。 明治5年(1872年)には天守が競売にかけられ、一時は解体の危機がおとずれましたが、地元有力者の尽力によって買い戻され、難を逃れたとの事です(汗)

天守は昭和11年(1936年)4月20日に国宝に指定されました。城跡は国の史跡です。

DSCN4967.jpg

DSCN4968.jpg

冒頭の写真、天守の右側にあるのが「辰巳附櫓」・「月見櫓」(赤い手すり?)です。こちらは、戦国時代がおわり世の中が落ち着いた寛永年代に増設されたものです。「天守」が戦い(攻撃と防御)のためにつくられたのに対し、こちらは優雅な月見?のためにつくられました。天守の建物に「月見櫓」が接続しているという「複合連結式天守」は「松本城」だけだそうです。

この「辰巳附櫓」・「月見櫓」は、3代将軍・家光が長野の善光寺に参拝する途中、松本に立ち寄ることになったため、当時の藩主・松平直政が建てたものだそうです(汗)

DSCN4971.jpg

DSCN4965.jpg

享保12年(1727年)に本丸御殿が焼失し、以後の藩政は二の丸で執務がとられました。

↓「人力車」。
DSCN4973.jpg
付近の周遊がたのしめるようです(汗)

↓城の東側にある「太鼓門」。
DSCN4975.jpg
こちらの外にある松本市役所の駐車場は日曜日は無料開放されているそうです!ただし駐車スペースはすくないようですので、朝はやく行かなければいけないかもしれません(脂汗)

↓「桜」はまだつぼみも堅そうでした(汗)
DSCN4984.jpg

松本城管理事務所による開花宣言のあと、「夜桜会」などのイベントがあるそうですよ。旅の計画に組み込まれては、いかがでしょうか。情報はこちら → 松本城イベント情報

↓「梅」はこんなかんじです。3分咲きといったところでしょうか。
DSCN4983.jpg

DSCN4980.jpg

↓こちらは西側から望む天守です。
DSCN4986.jpg

いやー「国宝・松本城天守」、一見の価値ありですよー(^0^)/

ここでスタッフはおなかが空いてきたようで、次回はお昼ごはんのリポートからだそうです(汗だく)





ぶらり旅 松本市をたずねました。①

皆様、こんにちは。いやー、今年度もまもなく終わりです。現役の方はお忙しい日々を過ごしておられると思います。先日は降雪がありおどろきましたが、さすがに積もることはなかったです。いまはほとんど解けています(^0^)/

きのう3月28日、スタッフが松本市をたずねてきましたのでリポートします。

↓最初に訪れたのはこちら。皆様よくご存じかと思います。「旧開智学校」です。


明治6年(1873年)5月に廃寺を仮校舎として開校。明治9年(1876年)には仮校舎として使用していた廃寺の跡地に新校舎が竣工しました。その後、昭和38年3月まで約90年間使用された、わが国で最も古い小学校のひとつです。昭和36年(1961年)3月23日、重要文化財の指定を受けました(汗)

建築様式は和洋混合の擬洋風建築。東京大学の前身である「開成学校」などを参考にしたそうです。幸いにも戦災を免れ、昭和38年に現在の場所に移築されました。

↓「旧開智学校」への案内看板。いまの開智小学校の西側にありました。
DSCN4923.jpg

今回は松本市営駐車場(有料)を利用しましたが、「旧開智学校」見学者用の無料駐車場がありましたので、こちらを利用した方がよいでしょう(汗だく)

↓石碑。
DSCN4928.jpg

↓重要文化財の案内。
DSCN4927.jpg

↓校内の案内図も親切に整備されています(汗)
DSCN4930.jpg

↓廊下の様子。
DSCN4931.jpg

いやー木造の校舎、なつかしいですねー(涙) ほかの見学者の人も、「むかしはこんな様子だったんだねー」と見入っていました。当日はあたたかな日でしたが、校舎内はたいへん寒かったです。もうしばらくは、あたたかい服装が必要ですかね(脂汗)

↓教室の様子です。そうそう、「オルガン」があったんですよねー。
DSCN4933.jpg
教壇に立っている初老(また失礼!)の紳士は?あ・・・料理長でした(冷汗) よく見ると黒板の右端に「三月二十八日(火)」と書かれてますね。うーん、なかなか細かい演出ですなー、あっはっは(^0^)/

↓こちらは現在の「開智小学校」です。
DSCN4937.jpg
ほうほう、どことなく「旧開智学校」の面影をのこしてますね(汗)

「旧開智学校」の住所は、松本市開智2-4-12です。電車の場合はJR松本駅からバスをご利用下さい。
情報は、こちらを。 → 松本市公式ホームページ

このあと「松本城」に向かいます。次回をお楽しみに。


プロフィール

蓼科高原荘 スタッフ

Author:蓼科高原荘 スタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR