ビーナスラインを渡る風 蓼科高原荘スタッフブログ
プロフィール

蓼科高原荘 スタッフ

Author:蓼科高原荘 スタッフ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ケ岳登山してきました
先日、休みに登山してきました。八ヶ岳の硫黄岳です。当館より20分程の桜沢と言う

駐車場に止めると普通に歩けば3時間半位で登れます
                           (あくまで登山なので服装はそれなりに)

桜沢駐車場 諏訪地方、佐久地方の

多くの中学生の学校登山が今の時期訪れる山でもあります、八ケ岳登山の入門の山夏沢鉱泉より硫黄 (4)駐車場より50分程で

オーレン小屋 に到着します。此処で飲む強清水(こわしみず)が、美味しいんですよ

小屋の脇に面白い諏訪の神話が書かれている看板があります。是非見て来て下さい

休憩の、のち登山道に入り木陰の中を、背に車山や蓼科山を望みながら汗をかくこと

一時間程登るといきなり視界が開けます
夏沢鉱泉より硫黄 (7)
左の山が 硫黄岳 ですね近そうに見えますが…・30分くらいの登りですか? しかし

途中には高山植物や山の絶景が広がっているので飽きませんよ~ そして頂上

硫黄より横岳稜線
手前から横岳、主峰赤岳、中岳、阿弥陀と見えます。素晴らしい景色ですね

硫黄より根石岳 後ろを振り返り見ると下に

見えるのが夏沢ヒュッテ(青い屋根)奥が根石岳、左端に少し天狗岳と見えます

硫黄爆裂火口 (1)
硫黄岳と言えば 爆裂火口 大昔の噴火の後です。この火口の大きさを見ると

噴火して居なければどれ程高い山だったろうと感慨深いものです。

八ケ岳登山、トライしてみませんか? 私はこの後根石、天狗と縦走して帰路に
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。