FC2ブログ

ビーナスラインを渡る風 蓼科高原荘スタッフブログ

近況報告 7月に入りました。

皆様、こんにちは。いやーもう7月ですよ。しばらくごぶさたしていた間に、前回はなんと「20拍手」もいただき(7月2日現在)、大変恐縮しております(はじめから汗だく)

きょうはずいぶん大柄なお客様?が来られました。



当ブログでもたびたび登場している、「25トン吊りラフテレーンクレーン」さん。すごい力持ちです。お値段は標準仕様で5200万円(消費税別)です(汗) きょうは樹木の伐採のために来ていただきました(^0^)/

↓では、よろしくお願いしまーす。
DSCN5925.jpg

↓はい、しっかり踏ん張ってー。
DSCN5942.jpg

↓はい、もちあげてー。
DSCN5939.jpg

↓はい、オーライ、オーライ・・・。
DSCN5911.jpg

↓はい、たおしてー。
DSCN5917.jpg

↓たおした木は小さくカット。うーん、ミニ御柱ができそう・・・(汗)
DSCN5950.jpg

↓自走式木材破砕機。細かい枝は、こちらでシュレッダー!
DSCN5966.jpg

DSCN5945.jpg

作業が一段落したところで、ちょっと外出。

↓月初で、お金をおろしに行きました(^0^)/
DSCN5957.jpg

DSCN5956.jpg

↓帰り道でのスナップ。まわりは今こんな感じです。
DSCN5963.jpg

きのう7月2日は「半夏生(はんげしょう)」でした。半夏生とは、八十八夜などとおなじく「雑節」のひとつ、夏至からかぞえて11日目です。農家にとって半夏生は畑仕事や田植えを終わらせる目安で、その後は数日間休むならわしがあるそうです。

関西では半夏生にタコを食べる風習があります。その理由についてはいろいろな説があるようです。八本足で稲がしっかり根を張ることを願って・・・とか、タコにたくさん生えている吸盤のように稲もたくさん実ることを願って・・・とか。あっ、科学的な根拠もあるようですよ。タコにふくまれる「タウリン」は疲労回復に効果があるとの事。田植えで疲れたらタコを食べて・・・と、昔の人は経験上わかっていたんでしょうね(汗)

↓錦鯉くんたちのお食事タイム。うーん、あいかわらずすごい食欲(冷汗)
DSCN5984.jpg

↓伐採作業は夕暮れ時までつづきました(汗)
DSCN5975.jpg

↓食堂前。
DSCN5995.jpg
ん?食堂前が広くあいて・・・なにかできそうですね。

↓年輪をかぞえてみようかなー(^0^)/
DSCN5999.jpg

もうすぐ夏休みですねー。蓼科高原荘では、みなさまをお迎えする準備が着々とすすんでいます。ご来館予定のお客様、お楽しみに。

↓だれか「拍手」してー!!(興奮)

スポンサーサイト

PageTop