FC2ブログ

ビーナスラインを渡る風 蓼科高原荘スタッフブログ

きのうは業務報告のため上京しました。 ~「E351」に惜別の思い~

皆様、こんにちは。いやー、「小平奈緒」選手の金メダル、よかったですね~。速かったですね~。

↓「金」のつもりですが、見えますかね(汗)


↓きのう、市役所の前を通った時にみつけました。
DSCN8112.jpg

「怒ったネコ」になれ!とか、皆さん、いいたい放題です(右から2番めの懸垂幕)。あっ、「怒ったネコ」とは、上半身を低くして、手をうしろ高く上げる、あの「小平奈緒」選手の滑走フォームのことらしいです。これをご存知の方は、かなりの「小平奈緒」通だとおもいます(冷汗)

↓「小平奈緒」選手の母校。蓼科高原荘から車で10分ほどです。
DSCN8122.jpg

DSCN8128.jpg

きのうは業務報告のため上京しました。

↓早朝の茅野駅。面談が午前中だったため、はやめの出発です。
DSCN8015.jpg

↓おおーーーっ!なんとまあ、また「E353」に乗ることができましたー(^0^)/
DSCN8017.jpg

↓中央線快速と青梅線でトラブルがあったため、ダイヤが乱れました。前(の列車)がつまっていたため、超低速運転中。
DSCN8034.jpg
↑豊田車両基地で待機する「E353」。

↓結局、20分遅れで新宿に到着しましたー。
DSCN8039.jpg

業務報告会での議題はもちろん、「お客様満足の追求!」です。面談は午前中でおわり。

↓お昼はこちらで。いつも行動パターンがまったく同じ(汗)
DSCN8049.jpg

↓帰りは街で情報収集を。これもいつもの行動パターンです(脂汗)
DSCN8067.jpg

↓「お客様あり」だったため、急いでとんぼがえり。
DSCN8069.jpg

↓かえりは旧型の「E351」。これはホームに入ってくるところですが、シャッターのタイミングが微妙に遅れました(汗)
DSCN8071.jpg

以前にもお知らせしましたが、この「E351」は、長年の役目をまもなく終えて、3月17日(土)のJRダイヤ改正で、「スーパーあずさ」は、すべて「E353」になります。・・・ということは?「E351」への乗車は、もしかしたら、これが最後かも知れません。そう思ったら、なんだか感慨無量というか・・・さびしくなりましたね。

↓「連結器」。こうやって改めて見てみると、やはりかなりの老朽化です。
DSCN8080.jpg

↓ドアのキズも。過酷な任務だったことがうかがえますねー(涙)
DSCN8081.jpg

↓型式と製造番号の表示。
DSCN8077.jpg

各車両に表示されてます。「ク」は運転台つき、「ハ」は普通車であることを表してます。これに「モ」とつけば、モーターのついた車両です。おなじ普通車でも、モーターなしの車両の方が静かで快適ですので、乗車されるときの参考にして下さい(汗)

↓「E351」の車内。やはり「E353」とくらべると、古さは否めないですね。
DSCN8083.jpg

↓茅野駅に到着。後ろ姿を見送りました。見るのはこれが最後かもしれません(惜別)
DSCN8109.jpg

先日2月19日は、二十四節気の第2番め「雨水(うすい)」でした。期間としての意味もあり、その場合は2月19日から、つぎの「啓蟄(けいちつ)」の前日である3月5日までです。降る雪が雨に変わり、氷がとけだす頃。でも、こちら蓼科では氷がとけだすのは、まだもう少し先になりそうです(汗) 昔からこの時期は、農耕の準備をはじめる目安とされてきました。毎年おなじ事を書いてますが、気にしないで下さい。

先日つもった雪は、いまはほとんどありませんが、その分「凍結」があります。週末に来館予定のお客様、気をつけてお越しください。

↓誰か「拍手」してー!!!(興奮)
↓「過去記事」も見てー!!!(興奮)

スポンサーサイト



PageTop

5年ぶりの出現で、ことしは良いきざしが・・・。

皆様、こんにちは。書いてるのは夜ですけどね(汗)

テレビのニュースなどでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、諏訪湖で5年ぶりに「御神渡り(おみわたり)」が出現しましたー(^0^)/



おおーーーっ!!!はじめて見ましたー!!!(興奮)
キャー!キャー!(大はしゃぎ)

「御神渡り」とは冬季、湖面に一部盛り上がった氷堤が見られる現象。諏訪大社の「上社」と「下社」は、この「御神渡り」の起こりやすい両端近くに相対してまつられています。伝説では「御神渡り」は、上社の男神が下社の女神のもとへ出かけた跡だと言われています(汗)

近年は出現する年が減少する傾向で、今回は5年ぶりの出現だそうです。諏訪大社などの史料には14世紀ごろから記録されていて、寒暖の歴史、気候変動を知る資料として、世界的にも有名だそうです。ことし出現したのは、南北にのびる「一之神渡り」・「二之神渡り」と、東西にのびる「佐久之神渡り」の3本です。

急に話は変わりますが(汗)、きょうは年に一度の健康診断に行ってきました。一年でいちばん憂鬱な日です。

DSCN7946.jpg

↓「憂鬱」の理由はこれ。大嫌いな「胃カメラ」です。
DSCN7938.jpg
でも昨年も書きましたが、最新鋭の胃カメラは直径5.4ミリで、ほとんど苦痛はありませんでした(汗だく)

↓諏訪中央病院をあとに。
DSCN7953.jpg

「御神渡り」、きょうしかチャンスがないと思い、いざ諏訪湖へ。

↓途中で見かけた酒蔵。こんど「酒蔵めぐり」の特集?ものせますので、お楽しみに。
DSCN7957.jpg

↓東岸(諏訪市側)から攻め込んでみました(汗)
DSCN7958.jpg

東岸では、テレビに映っていたような「御神渡り」は見られず、諏訪湖沿いに車を走らせ、ついに絶好のポイントを見つけましたー。

↓現場?は人だかりができてました。
DSCN7977.jpg

冒頭の写真は諏訪湖の西岸です。カーナビなら「岡谷市立湊小学校」で検索すれば、ちょうどいいところに着くと思います(汗)

↓途中にあった日帰り温泉施設。
DSCN7972.jpg

↓こんど詳細をリポートしまーす(^0^)/
DSCN7973.jpg

すぐとなりには、野球場までありましたよ~。

↓その名も「しんきん諏訪湖スタジアム」!
DSCN8008.jpg

なんでも、岡谷市に本店を置く「諏訪信用金庫」さんが昨年から5年間、ネーミングライツ「命名権」を獲得したそうです(汗)

↓両翼98メートル、中堅122メートル、ナイター設備も完備のりっぱな球場ですよー。
DSCN8006.jpg
ちなみに冬季は雪のため利用できないようです(汗)

「御神渡り」が認定されると、過去の記録と照合して世相や農作物の豊凶をうらなう「拝観式占」が行われます。ことしの「御神渡り」は、1938年と1945年の筋に似ているとされ、天候は前半不安定だが後半は順調、農作物の作柄は「やや良」、経済は明るいきざしあり・・・とされました。うーん、ことしはいいことありそうですねー、あっはっは(^0^)/

週末に来館予定のお客様、「御神渡り」を見られるかもしれませんよー(雨でとけなければ)

↓誰か「拍手」してー!!!(興奮)
↓「過去記事」も見てー!!!(興奮)

PageTop

きょうは「立春」。

皆様、こんにちは。先日は、まとまった積雪に見舞われました。東京でも積もったそうですが、前回のような混乱は少なかったようですね。

↓週末で余裕がなかったため急場しのぎの除雪で、お客様の車路を確保したところ。


↓20センチ弱ですかね(汗)
DSCN7921.jpg

↓バーベキュー炉にも積雪。
DSCN7927.jpg

↓駐車場。
DSCN7929.jpg

きょう2月4日は二十四節気の第1番目、「立春」です。という事は季節が一巡して、いよいよ春をむかえるという事ですね。毎年同じことを書いてますが、気にしないでください(汗) しかし春というのも暦の上でのこと、春を実感できるのは、もうすこし先になりそうですね(汗) この季節からかぞえて最初に吹く南寄りの強い風が「春一番」です。北陸の加賀や能登では、北風から南風になる最初の風として「ぼんぼろ風」と呼ぶそうです。

↓食堂前。
DSCN7932.jpg

旬のものをしらべましたら、「ふきのとう」・「白魚」などがでてきました。蓼科高原荘の庭にも「ふきのとう」が毎年大量(?)に出てきます。楽しみですねー(^0^)/

↓誰か「拍手」してー!!!(興奮)
↓「過去記事」も見てー!!!(興奮)

PageTop