ビーナスラインを渡る風 蓼科高原荘スタッフブログ
プロフィール

蓼科高原荘 スタッフ

Author:蓼科高原荘 スタッフ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


アニメファンは全員集合!
皆様、こんにちは。いきなりですが↓こちらの写真はどこでしょう?


あっ、クイズというわけではありません。これ、蓼科高原荘周辺の「ある場所」なんですが、なんと!マンガの舞台として描かれている場所なんですよ。

↓今回ある方からの情報で、このような場所の案内が市役所にあると聞いて、行ってきました。ちょっとわかりづらいですが、左端の女の子のバックに描かれているのが上の写真の場所です。
DSCN9383.jpg
※注:市役所での展示は昨年末の期間限定で、今は茅野駅2階の観光案内所に移動しています。

私はぜんぜん知らなかったのですが、この場所の他にも茅野市や富士見町、原村、諏訪湖周辺など多くの場所が、この「咲-Saki-」というマンガ・アニメの舞台として描かれています。(マンガの原稿は、版権の関係でここには載せられません、すみません・・・)
DSCN9396.jpg

DSCN9392.jpg

マンガやアニメの舞台になっている実在の場所を「聖地」といい、ファンがその場所を訪れる事を「聖地巡礼」というそうです。お好きな方はぜひ「聖地巡礼」の旅を、いかがですか?
DSCN9367.jpg

夕食は「冬メニュー」に変わっています。ぜひ蓼科高原荘にお越しください。スタッフ一同、お待ちしております!


スポンサーサイト

コメント

先日は茅野市の聖地についておたずねいただきましてありがとうございます。
茅野市・茅野市観光協会ではあたらしい観光客層の開拓のため、若い人に人気のあるコンテンツとしてアニメ聖地の観光を提案していくことになりました。
今後もファンの皆様に楽しんでいただけるような企画をご用意させていただきたいと思っておりますので、
保養所を利用される皆さまのレジャーの一つとして楽しんでいただければ幸いです。
[2015/01/10 15:43] URL | 茅野市聖地プロジェクトスタッフ #- [ 編集 ]

Re: Re: タイトルなし
> いつも大変お世話になっております。先日はご丁寧に資料なども頂き、有難うございました。今後とも、宜しくお願い致します。蓼科高原荘スタッフ一同
>
>
> > 先日は茅野市の聖地についておたずねいただきましてありがとうございます。
> > 茅野市・茅野市観光協会ではあたらしい観光客層の開拓のため、若い人に人気のあるコンテンツとしてアニメ聖地の観光を提案していくことになりました。
> > 今後もファンの皆様に楽しんでいただけるような企画をご用意させていただきたいと思っておりますので、
> > 保養所を利用される皆さまのレジャーの一つとして楽しんでいただければ幸いです。
[2015/01/12 22:20] URL | 蓼科高原荘 スタッフ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tateshinakougennsou.blog.fc2.com/tb.php/87-f0c9a87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)