ビーナスラインを渡る風 蓼科高原荘スタッフブログ
プロフィール

蓼科高原荘 スタッフ

Author:蓼科高原荘 スタッフ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからも歴史を重ねていきます。
皆様、こんにちは。書いてるのは夜ですけどね(汗)

↓きょうは涼しげな写真からどうぞ。

蓼科高原荘の中庭の「滝」です。水が流れる音をお届けできないのが残念です。涼しくなりましたかー? あっ、実は先日この滝のそばで、なんと!「クレソン」が生えているのを発見したんですよ。お食事で登場するかもしれませんので、お楽しみに。

さて話は全く変わりますが(汗)、きょう5月20日は「ジーンズの誕生日」です(^0^)/ 昨年も書きましたが、ゴールドラッシュに沸くアメリカ西部の金山で働く労働者たちからの「丈夫な作業着が欲しい!」という声に応えてポケットなどを金属製リベットで補強したものが、今のジーンズの原型。サン・フランシスコにあるリーバイ・ストラウス社が、この技術で特許を取得したのが1873年5月20日・・・144年前のきょう、というわけです。当初は今のような「デニム」ではなく、「テント地」を使っていたそうです。

↓2頭の馬がひっぱっても破れないほど強度があることを示した、「ツーホースパッチ」。
DSCN5493.jpg
ほうほう、「PATENTED IN U.S. MAY 20 1873」と記されていますね(汗)

私もジーンズのファンで、裏方作業の時はいつもジーンズを穿いてます。ところで「ジーンズ」は、劣化するほどに味が出ますよね。このような衣服は他にないと思います。マニアになると、わざと汚したり、破ったりするそうですからね(脂汗)

↓カラオケのマイクを修理した時、瞬間接着剤をたらしてしまったあとです。おろして2日目でした(泣)
DSCN5484.jpg

↓大浴場の消毒用塩素(次亜塩素酸ナトリウム)をタンクに補充する際、お尻に付いて色が落ちてしまいました(汗)
DSCN5486.jpg

このような劣化も「唯一無二の個性」として楽しめる、それがジーンズの魅力ですよね。ちなみに↑こちらのモデルは、防縮加工していない「生デニム」。洗うと縮み、穿くと必要な部分が伸びて、その人の体型にフィットします(^0^)/

↓同じサイズのものを予備で買ってありますが、1年でこんなに縮みました(冷汗)
DSCN5495.jpg

昨年は新たに何本か購入しました。

↓自分の生まれ年のモデルの復刻版。半額セールで衝動買いしましたが、まだおろしてません(汗)
DSCN5500.jpg

↓こちらのモデルは「ロングデイ」というサブネーム?がついてます。名前の響きと色が気に入って購入。
DSCN5503.jpg

↓こちらは17オンスの厚手のもの。通称「赤耳」仕様です(汗)
DSCN5512.jpg

↓当分ジーンズは買わなくてすみそうですね(^0^)/
DSCN5507.jpg

きょうはジーンズの話題になってしまいましたが、なにが言いたかったかというと、「良い物」は何十年経っても支持され続ける、ということです。蓼科高原荘は、今年で竣工から40年をむかえます。ところどころ修繕が必要なところも出てきました。しかし「お客様に楽しんでいただく」という姿勢は変わりません。これからも歴史を重ねていきたいと思います。まだ蓼科高原荘を利用した事がないという方、ぜひ一度お越し下さい。スタッフ一同、おもてなしします。

週末にお越しのお客様、運転には気を付けて・・・。
近況報告 ~田植えの準備がすすんでいます~
皆様、こんにちは。いやー、月日が経つのははやいですねー、1ヶ月ちかくも更新が途絶えてしまい、申し訳ございませんでした・・・(はじめから汗だく) おかげさまで利用が増え、いそがしく過ごしておりました(また苦しい言い訳)

↓蓼科高原荘周辺では、「田植え」の準備がすすんでいます(^0^)/


↓近況報告です。近況って、もうひと月ちかく前ですが(汗)、テニスコートの清掃をしました。
DSCN5154.jpg
「ネット」も新しくなりました。お楽しみに!あっ、ご利用希望の方は事前の予約をおすすめします。保養所に直接お電話下さい。

↓練習用の壁打ちコートも整備。
DSCN5158.jpg

4月28日(金)・・・業務車両スケジュール点検完了。夏タイヤに履き替え。
4月30日(日)・・・春季消防訓練実施。
5月3日(水)~5月6日(土)・・・ゴールデンウイークで、多くのお客様にご利用頂きました。
5月10日(水)・・・館内定期清掃実施。ガラスもピカピカになりましたよー。
5月12日(金)・・・消防設備点検実施。

↓5月15日(月)は、業務報告のため上京しました。
DSCN5407.jpg

↓いつものように、街での情報収集に余念がありません(冷汗)
DSCN5444.jpg
施設運営にも活かしたいと思います(汗)

業務報告会での議題はもちろん!お客様の満足度アップについてです。6月はじめに配布されます「信金けんぽ6月号」に特集記事が載ります。新しい企画もありますので、お楽しみに!

↓当日もお客様の利用があり施設スタッフにまかせていましたので、あわただしく帰路に。
DSCN5449.jpg

DSCN5452.jpg

↓しばらく更新が途絶えていた間に、周辺はすっかり緑色になってきましたー(^0^)/
DSCN5463.jpg

↓これから夏休みに向けて、庭木の剪定、池清掃、草刈りなどが予定されています。
DSCN5474.jpg

DSCN5475.jpg

↓食堂前の庭。「藤」の成長がたのしみです。
DSCN5478.jpg

DSCN5480.jpg

あっ、そういえばきょう、お客様から問い合わせがありました。「朝晩はまだ寒いですか?」と。そうですねー、ちなみに今朝の最低気温は10℃、日中の最高気温は19℃でした。←注:これは茅野市街地の天気予報での数字です。保養所は市街地から200メートルほど標高が高いので、この周辺ではさらに2~3℃低かったと思います。

週末に来館を予定されているお客様、服装にはご注意下さい。お食事は今月いっぱい「春メニュー」です。6月から「夏メニュー」に変わる予定ですので、乞うご期待!
4年目もよろしくお願いいたします(^0^)/
皆様、こんにちは・・・って、もう夜ですけどね(汗) いやー、急に気温が上がりましたねー。春を飛び越えて夏が来たような感じです(大汗)

↓周辺は一気に雪が解けました。これから本格的なシーズンに向け、施設整備をすすめます。


きのうは月に一度の業務報告のため上京しました。

↓駅で電車を待っているところ。夏のような日差しです。
DSCN5007.jpg

DSCN5010.jpg

↓いつものように街で情報収集?を。
DSCN5059.jpg

DSCN5064.jpg

↓東京は桜が満開かと思っていましたら、もうとっくに終わっていたんですね・・・(脂汗)
DSCN5066.jpg
↑・・・って、これ桜の木でしたっけ?

DSCN5069.jpg

業務報告会では、昨年度の総括報告と今年度の運営方針の確認などをしました。

↓帰りはちょっと用事があって寄り道を・・・。
DSCN5071.jpg

↓スペースの都合で、もう帰路です(汗だく)
DSCN5104.jpg
↑もうすぐ引退の「E351」スーパーあずさ。

DSCN5118.jpg

実はきょう4月19日は記念すべき日なんですよ。委託運営になって「新生・蓼科高原荘」がスタートしたのが3年前のきょうでした。つまり4年目に入るということです。3年間でお客様からいただいた数々の苦情やご意見を糧にして?、スタッフ一同奮闘してきました(脂汗) 最近はちょっとだけ、お褒めの言葉もいただけるようになりました。これからも全力投球でいきますので、どうぞよろしくお願い致します。まだまだ保養所の存在を知らない方も多いようです。PR活動にも力を入れていきます!

雪も解け、いい陽気になってきました。皆様お誘いあわせの上、ぜひ信州にお出かけください。スタッフ一同、お待ちしております!


ぶらり旅 松本市をたずねました。④
皆様、こんにちは。「松本市をたずねる旅」は今回で完結です(汗)

前回は「四柱(よはしら)神社」をご紹介しました。↓こちらは「御幸橋(みゆきばし)」です。


明治天皇が信濃地方にはじめて御巡幸の際、松本の行在所(あんざいしょ、天皇がお出ましの時の仮の御殿)を四柱神社内に定めました。明治13年6月24日の午前中に竣工、午後に到着した明治天皇が、この橋を渡って行在所に入られました。

つづいて訪れたのはこちら、「縄手(なわて)通り」です。女鳥羽川(めとばがわ)の千歳橋から一つ橋までの通りです。その呼び名は松本城の南総堀(外堀)と女鳥羽川にはさまれた「縄のように細長い土手」というところから由来しているそうです。松本城建築の際に測量用の縄を張ったから・・・という説もあります(汗)
DSCN4960.jpg

DSCN4941.jpg

明治になって南総堀が埋め立てられ、「四柱神社」が建立されてからは、その参道として栄えました。戦後は闇市的なテントが川沿いに並び、たいそう賑わったそうですよ。

↓昭和47年には、よごれていた女鳥羽川をきれいにして、かつて生息していたといわれる「河鹿蛙(かじかがえる)」が再びもどるようにとの願いを込めて、「カエル大明神」が建立されました(大汗)
DSCN4945.jpg

DSCN4944.jpg

↓今ではすっかりシンボルとなった「カエル」です。
DSCN4949.jpg

DSCN4951.jpg

↓約50のお店が軒を連ねています。
DSCN4950.jpg

和風小物屋、陶器店、骨とう品店、ラーメン店、カフェ・・・いろいろなお店があり、たいへんにぎやかでした(^0^)/「松本城」や「旧開智学校」を見学したあとに立ち寄るのもおもしろいとおもいます!(スタッフ談)

さて当ブログは、本日なんと!開設3周年を迎えました。 ここまで続けられたのも、読者の皆様のあたたかいご支援の賜物です。本当にありがとうございます(涙)

これからも施設の話題やリアルタイムの周辺情報などを発信していきます。今後とも宜しくお願いいたします。(蓼科高原荘スタッフ一同)





ぶらり旅 松本市をたずねました。③
皆様、こんにちは。いやー、まる二週間もごぶさたしてしまい、誠に申し訳ございませんでした(汗)・・・新年度を迎えたら皆様に抱負をお伝えしよう・・・なんて、のんきに構えていましたら多くのお客様にご利用いただき、おかげさまで?更新する余裕がありませんでした・・・って、また苦しい言い訳・・・(冷汗) がんばって更新していきますので、どうかよろしくお願い致します(もう汗だく)

4月に入ってから、まさか!の降雪もありましたが、さすがにもう大丈夫?でしょう。

さて、蓼科高原荘スタッフの「松本市をたずねる旅」ですが・・・そうそう、おなかが空いたところで前回終わったんですよね。お昼は↓こちらのお店でいただきました(^0^)/


このお店、今回の旅の下調べをしていてガイドブックで見つけた「おきな堂」というお店なんですが、「時代遅れの洋食屋」というパンチのきいたサブネーム?がつくんですよ。スタッフも興味津々でたずねてみました。

DSCN4962.jpg

昭和8年に菓子店「翁堂」から独立したそうです。現在は3代目オーナーがお店を守ってます。

↓当日のおすすめメニュー。
DSCN4940.jpg

ホームページをのぞいてみると、そのポリシーは

身近で手に入る食材を使い
ひとつひとつの手間を怠ることなく
日本独自の文化である洋食本来の味を
お客様にお届けする

・・・というものです。

その昔は「旧制・松本高校」の学生でにぎわったそうですよ。

DSCN4957.jpg

洋食が専門の蓼科高原荘の料理長もうならせた味と雰囲気を、ぜひ皆様にもおすすめしたいです!!

「おきな堂」のホームページはこちら → おきな堂

・・・満足したところで「おきな堂」を出ておとずれたのがこちら、「四柱(よはしら)神社」です。

DSCN4961.jpg

DSCN4953.jpg

「商売繁盛」・「学業成就」・「家内安全」・「健康長寿」・・・と、すべての願い事がかなうという、なんともすごい神社です(汗)

DSCN4956.jpg

DSCN4955.jpg

このあとは、「縄手通り」を散策して帰路に就きます。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。