ぶらり旅 松本市をたずねました。②

皆様、こんにちは。「松本市をたずねる旅」、きょうはこちらからご案内します(^0^)/
注:写真と説明は3月28日現在のものです。

↓「旧開智学校」と同様、皆様よくご存じだと思います。「松本城」にやってきました。


「松本城」は、戦国時代の永正年間につくられた「深志城」がはじまり。天守は現存最古の五重六階の木造天守です。黒と白のコントラストが特徴的です。 明治5年(1872年)には天守が競売にかけられ、一時は解体の危機がおとずれましたが、地元有力者の尽力によって買い戻され、難を逃れたとの事です(汗)

天守は昭和11年(1936年)4月20日に国宝に指定されました。城跡は国の史跡です。

DSCN4967.jpg

DSCN4968.jpg

冒頭の写真、天守の右側にあるのが「辰巳附櫓」・「月見櫓」(赤い手すり?)です。こちらは、戦国時代がおわり世の中が落ち着いた寛永年代に増設されたものです。「天守」が戦い(攻撃と防御)のためにつくられたのに対し、こちらは優雅な月見?のためにつくられました。天守の建物に「月見櫓」が接続しているという「複合連結式天守」は「松本城」だけだそうです。

この「辰巳附櫓」・「月見櫓」は、3代将軍・家光が長野の善光寺に参拝する途中、松本に立ち寄ることになったため、当時の藩主・松平直政が建てたものだそうです(汗)

DSCN4971.jpg

DSCN4965.jpg

享保12年(1727年)に本丸御殿が焼失し、以後の藩政は二の丸で執務がとられました。

↓「人力車」。
DSCN4973.jpg
付近の周遊がたのしめるようです(汗)

↓城の東側にある「太鼓門」。
DSCN4975.jpg
こちらの外にある松本市役所の駐車場は日曜日は無料開放されているそうです!ただし駐車スペースはすくないようですので、朝はやく行かなければいけないかもしれません(脂汗)

↓「桜」はまだつぼみも堅そうでした(汗)
DSCN4984.jpg

松本城管理事務所による開花宣言のあと、「夜桜会」などのイベントがあるそうですよ。旅の計画に組み込まれては、いかがでしょうか。情報はこちら → 松本城イベント情報

↓「梅」はこんなかんじです。3分咲きといったところでしょうか。
DSCN4983.jpg

DSCN4980.jpg

↓こちらは西側から望む天守です。
DSCN4986.jpg

いやー「国宝・松本城天守」、一見の価値ありですよー(^0^)/

ここでスタッフはおなかが空いてきたようで、次回はお昼ごはんのリポートからだそうです(汗だく)





ぶらり旅 松本市をたずねました。①

皆様、こんにちは。いやー、今年度もまもなく終わりです。現役の方はお忙しい日々を過ごしておられると思います。先日は降雪がありおどろきましたが、さすがに積もることはなかったです。いまはほとんど解けています(^0^)/

きのう3月28日、スタッフが松本市をたずねてきましたのでリポートします。

↓最初に訪れたのはこちら。皆様よくご存じかと思います。「旧開智学校」です。


明治6年(1873年)5月に廃寺を仮校舎として開校。明治9年(1876年)には仮校舎として使用していた廃寺の跡地に新校舎が竣工しました。その後、昭和38年3月まで約90年間使用された、わが国で最も古い小学校のひとつです。昭和36年(1961年)3月23日、重要文化財の指定を受けました(汗)

建築様式は和洋混合の擬洋風建築。東京大学の前身である「開成学校」などを参考にしたそうです。幸いにも戦災を免れ、昭和38年に現在の場所に移築されました。

↓「旧開智学校」への案内看板。いまの開智小学校の西側にありました。
DSCN4923.jpg

今回は松本市営駐車場(有料)を利用しましたが、「旧開智学校」見学者用の無料駐車場がありましたので、こちらを利用した方がよいでしょう(汗だく)

↓石碑。
DSCN4928.jpg

↓重要文化財の案内。
DSCN4927.jpg

↓校内の案内図も親切に整備されています(汗)
DSCN4930.jpg

↓廊下の様子。
DSCN4931.jpg

いやー木造の校舎、なつかしいですねー(涙) ほかの見学者の人も、「むかしはこんな様子だったんだねー」と見入っていました。当日はあたたかな日でしたが、校舎内はたいへん寒かったです。もうしばらくは、あたたかい服装が必要ですかね(脂汗)

↓教室の様子です。そうそう、「オルガン」があったんですよねー。
DSCN4933.jpg
教壇に立っている初老(また失礼!)の紳士は?あ・・・料理長でした(冷汗) よく見ると黒板の右端に「三月二十八日(火)」と書かれてますね。うーん、なかなか細かい演出ですなー、あっはっは(^0^)/

↓こちらは現在の「開智小学校」です。
DSCN4937.jpg
ほうほう、どことなく「旧開智学校」の面影をのこしてますね(汗)

「旧開智学校」の住所は、松本市開智2-4-12です。電車の場合はJR松本駅からバスをご利用下さい。
情報は、こちらを。 → 松本市公式ホームページ

このあと「松本城」に向かいます。次回をお楽しみに。


ぶらり旅 「春の陽気に誘われて」⑤

皆様、こんにちは。きのうは予想外の雪に見舞われましたが、もうほとんど解けましたので、ご安心下さい(汗)

「諏訪湖周辺ぶらり旅」は、きょうが最終回です。皆様にもおなじみの、↓こちらからご案内します。

↓蓼科高原荘でも人気のお酒「真澄」の蔵元、「宮坂醸造株式会社」です。


「真澄」の銘柄の由来は、諏訪大社の宝物「真澄の鏡」だそうです。いま全国の蔵元に普及している「七号酵母」は、こちらの酒蔵で発見されたものです。 → 協会酵母とは?

↓蔵元のとなりに、おしゃれな売店があります。
DSCN4812.jpg
お酒はもちろん、「お猪口」や「ぐい呑みグラス」の他、真澄のグッズ等、いろいろ販売しています(^0^)/

つづいて向かったのがこちら。諏訪インター近くのこのお店。

↓「おぎのやドライブイン・諏訪店」です。大型観光バスも駐車できる広い駐車場があります。
DSCN4816.jpg

「峠の釜めし」で有名な「荻野屋」は、明治18年(1885年)、群馬県の信越本線・横川駅前で創業しました。横川駅~軽井沢駅間の「碓氷峠」では、日本一の急こう配が立ちはだかっていました。そのため列車の前後に補助機関車を連結しないと峠を上る(下る)ことができませんでした。機関車の連結作業のため、横川駅ではすべての列車が長時間停車、駅弁の販売には適していました。列車が発車する際に販売員がホームに整列し、深々とお辞儀をしていたのは有名ですよね。

「峠の釜めし」は、4代目社長の高見澤みねじが乗客ひとりひとりに要望を聞いて回り、昭和32年に考案したものです。その姿勢、おおいに見習いたいですね。さらに、モータリゼーションの発展に合わせて国道18号沿いにドライブインを建設、多くの観光バスが休憩のために立ち寄る名所となりました。

その後、長野県各所にドライブインを建設。こちらの「諏訪店」は昭和58年4月21日にオープンしました。信越本線が北陸(長野)新幹線に、国道18号が上信越自動車道に役目を譲り、横川での売上は減ったそうですが、「横川以外」での売上比率を70%以上にまで高めていたため、経営への影響は最小限でした。これらの「先見の明」は、特筆すべきものだと思います。

「諏訪店」では、お土産品もたくさん取り揃えてますよー。 → おぎのや

DSCN4815.jpg

さて今回の旅?の大トリは、こちら。

↓皆様おなじみの「大社煎餅・諏訪店」です。
DSCN4819.jpg
創業以来90余年、現在も仕込みから包装にいたるまで、「手作業」を貫いています(汗)

いやー今回の旅、歴史や伝統を守る姿勢、伝統にとらわれずに時代の変化にあわせる姿勢・・・いろいろ勉強になりました(汗)・・・あっ、実際に旅したのはスタッフと料理長ですけどね(汗だく)

これからいい季節になります。皆様お誘いあわせの上、ぜひ蓼科高原荘と信州の旅をお楽しみ下さい。スタッフ一同、お待ちしております!


ぶらり旅 「春の陽気に誘われて」④

皆様、こんにちは。いやー、また雪が降るとは思いませんでした。

きょうは↓この通りです(汗)


↓夜、買い出しに行きました。(ロビーに置いている雑誌の発売日にあわせて)
DSCN4901.jpg
市街地は雨でした(汗)

「諏訪湖周辺のぶらり旅」、きょうはこちらからご紹介します。注:写真は3月15日に撮影したものです(大汗)

↓諏訪湖畔、間欠泉センターの正面にある「タケヤみそ」の工場。
DSCN4788.jpg

「タケヤみそ」は創業明治5年(1872年)。「ひと味ちがう~」のテレビコマーシャルは、あまりにも有名ですよね。

工場の一角にある「タケヤ味噌会館」に立ち寄ってみました。

↓売店では、いろいろなグッズ、おみやげ、みその計り売りなどがありました。
DSCN4792.jpg

↓ここにしかない?「ごまみそソフトクリーム」。いやー、たべてみたいですねー(^0^)/
DSCN4793.jpg

↓売店前の大きな釜。
DSCN4789.jpg

「タケヤ味噌会館」の情報は、こちら。→ タケヤ味噌会館

つづいて向かったのが、↓こちらです。

↓「湖畔公園足湯」。
DSCN4795.jpg

平成13年4月オープン。上諏訪温泉発祥の地である「七ツ釜源泉」を引いてます(汗)

DSCN4794.jpg

↓当日は小学生が足湯につかっていました(汗)
DSCN4800.jpg

DSCN4797.jpg

↓「自然浴さんぽ路」。
DSCN4803.jpg

足湯であたたまった足をさらに刺激?または先に刺激した足を足湯であたためる?まっ、どちらにしても気持ちよさそうです(汗だく)

DSCN4802.jpg

「足湯」の情報は、こちらからどうぞ。→ 足湯

次回は皆様よくご存じの「あの場所」に向かいます。お楽しみに。


ぶらり旅 「春の陽気に誘われて」③

皆様、こんにちは。連休は多くのお客様にご利用いただき、ありがとうございましたー(^0^)/

きょうは3月20日。「春分の日」です。「春分の日」を中日に前後3日を含めた7日間が「春のお彼岸」ですね。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、本格的にあたたかさを感じるようになりました。

毎年よ 彼岸の入(いり)に 寒いのは

これは明治26年(1893年)に正岡子規が詠んだ句です。子規が母親に「彼岸というのに寒いね」と言うと、母親が「毎年よ、彼岸の入りに寒いのは」と答えました。このとき子規は、母親の言葉が「五・七・五」調になっているのに気づき、俳句としたのだそうです。これがのちに口語体の俳句の基本形となる名句といわれているそうです(汗)昔の人は敏感だったんですねー。

さて諏訪湖周辺の「ぶらり旅」、きょうはこちらからご紹介します。注:写真は3月15日現在のものです(大汗)

↓こちらは「高島城」です。豊臣秀吉臣下の日根野織部正高吉によって築城されました。かつては諏訪湖に突き出した「水城」で、「諏訪の浮城(うきしろ)」と呼ばれた難攻不落の城でしたが、江戸時代に諏訪湖の干拓が行われ、その面影はなくなりました。


明治9年(1876年)に「高島公園」として一般に開放されました。現在の天守閣は昭和45年(1970年)に再建されたものです。園内は桜の名所としても知られています。↑こちらの写真の左側も桜です。えっ?まだぜんぜん咲いてないって?ふっふっふ・・・咲いてから紹介したのでは遅いと思い、先手を打って様子を見てきたということです。見ごろは4月中旬ですよー。あと樹齢約130年の藤も有名です。こちらの見ごろは5月中旬~下旬です(汗)

DSCN4780.jpg

↓園内の案内図。
DSCN4766.jpg

↓料金表。
DSCN4769.jpg

↓「三之丸御殿裏門」。
DSCN4773.jpg
城が諏訪湖に面していたころは、ここから舟に乗ることができたそうです(汗)

↓桜が満開になったら、みごとですよー(^0^)/
DSCN4767.jpg

DSCN4771.jpg

↓城の外に出てみました。
DSCN4783.jpg

↓ほうほう、「高島藩主諏訪家墓所」が国史跡に指定ですか。
DSCN4786.jpg

↓こちらは園内にある「諏訪護国神社」。戦没者がまつられています。
DSCN4775.jpg
ちゃんと「御柱」が建ってますね。

DSCN4776.jpg

こちらのブログは前回で連載?250回をむかえました。読者の皆様あってのブログです。今後とも、よろしくお願いいたします!

では次回をお楽しみに。

↓だれか「拍手」してー(^0^)/



プロフィール

蓼科高原荘 スタッフ

Author:蓼科高原荘 スタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR